オートストレーナの製品一覧

ASME U-STAMP認証取得工場で製造する
高品質なオートストレーナ

従来型のオートストレーナ(自動洗浄機能付きろ過装置)製品を取り揃えています。
原水に含まれる固形異物をろ過した後、自動で堆積した汚れを洗浄いたします。

もしオートストレーナでも運用上の問題を抱えている場合は

  オートストレーナA型 オートストレーナMAP型
 
特徴 高濃度原水対応
仕様パターンが豊富
防爆対応
目開き 最小 200ミクロン 200ミクロン
最大 3,500ミクロン 3,500ミクロン
通水量(最大) 7,200㎥/時 4,500㎥/時
  詳細を見る 詳細を見る

※通水量は運用条件により大きく変わります。
※仕様は予告なく変更されることがございます。

オートストレーナの製品情報

オートストレーナA型

オートストレーナA型は、高濃度原水に対応した実績豊富なブラシ洗浄式オートストレーナです。

製品詳細

オートストレーナMAP型

オートストレーナMAP型は、高濃度原水、防爆仕様、ASME規格にも対応する実績豊富なブラシ洗浄式オートストレーナです。

製品詳細

他の方式の製品を見る(製品一覧)

オートストレーナとは

オートストレーナとは、ろ過の際にスクリーンに堆積していく汚れをブラシや逆洗により自動で洗浄・排出する機構を持つことでメンテナンス負荷を軽減するストレーナ(ろ過装置)です。

オートストレーナA型

参考:オートストレーナA型の機構

オートストレーナを導入する理由

ろ過を行なうということは、水の中に含まれる不純物を取り除くということです。
取り除かれた不純物は、スクリーン・フィルターなどのろ材に蓄積していきます。

この蓄積された汚れを放置すると、ろ材が目詰まりし、いずれろ過ができなくなってしまいます。

オートストレーナ(自動洗浄ろ過装置)を使わずにろ過を行なう場合、ろ材の洗浄や交換を手作業で行なう必要があります。その際にろ過が停止され、人による工数も掛かります。

そのため、洗浄を自動化したオートストレーナを導入することで、メンテナンスの頻度を下げ、安定的なろ過水供給を継続することが可能になります。

オートストレーナの導入事例

  • 上下水道
  • オートストレーナ A型
複数の下水処理場において、MF膜の保護フィルターとして導入

下水処理場での再利用水処理工程におけるMF/UF膜の保護用に設置

  • 上下水道
  • オートストレーナ A型
凝集沈殿処理後の水を原水とする下水再生計画においてMF膜の保護フィルターとして導入

下水処理場での再利用水処理工程におけるMF/UF膜の保護用に設置

お問い合わせ・ご相談窓口

水ろ過に詳しい専門スタッフが、1,400台を越えるフィルトマット導入による成功ノウハウを活用し、お客様に最適なろ過装置オートストレーナの選定・導入をお手伝いいたします。価格や仕様など、お気軽にお問い合わせください。

「オートストレーナについて」とお伝えください。

03-5542-6753

営業時間 平日 9:15~17:15

お問い合わせ