工業用水のろ過装置

最終更新日:

工業用水に使われる代表的なろ過装置の種類と、その使い分けについてご説明いたします。

工業用水をろ過する目的

工場や発電施設などでは大量の水を必要とします。
普段我々の生活で用いる水道水(上水道)は単価が高いことから、大量の水が必要なケースに向きません。

そのため、自治体等が整備する工業用水道から供給される工業用水を用いるか、又は事業者が直接川などから取水し自らろ過を行なう方式を取ることでコストダウンを図ります。

工業用水をろ過する装置

工業用水は工業用水道事業者の判断で水処理が行なわれ、かつ飲用ではないことから処理は各事業者に委ねられており、水質は様々で、対応するろ過装置も様々です。

オートストレーナ

粗い夾雑物を取り除き
フィルター表面を自動洗浄する
ろ過装置

オートストレーナA型

工業用水は水処理施設において、ろ過工程を経ずに作られ各工場に排水されている場合があります。
工業用水の主要な目的として、冷却水、洗浄水がありますが、これらに大きな夾雑物が混じると生産品質に影響を与えたり、設備にダメージを与える恐れがあるため、ろ過装置を設置する必要があります。

フィルトマット(スポット吸引洗浄タイプ)

オートストレーナでは不安な場合
フィルトマット
スポット吸引洗浄タイプもご検討を

フィルトマットE型

細かなゴミも取り除きたい、自動洗浄で取水を止めたくない、オートストレーナの思ったよりも生じるフィルタ交換・手動メンテナンスを減らしたい、絡みつく詰まりやすい水質でろ過したい等の場合はオートストレーナでは対応できないため、フィルトマット スポット吸引洗浄タイプが使われます。

砂ろ過装置

より細かい夾雑物の
高精度ろ過を行なう場合に

砂ろ過

砂ろ過装置はオートストレーナやフィルトマットよりも細かいろ過を行なうことに適しています。
ただし逆洗やろ過砂の補填など、ろ過を止めてのメンテナンスが必要です。

フィルトマット(スレッド式ろ過装置)

オートストレーナでは精度不足
砂ろ過ではオーバースペックの場合に

スレッド式ろ過装置

工業用水において、膜ろ過の前処理としてよく使われます。
高価な膜ろ過装置を保護する用途で最適です。

お問い合わせ